公立 専門学科 共学 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

イベント情報

広島県立広島工業高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立広島工業高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

県立広島工業高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

県立広島工業高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われます。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【機械科】

機械科の募集定員は①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
県立広島工業高等学校 機械科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を300点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 300点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点→300点に換算します。➁一般枠は30点→200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 300点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>電気科、建築科、土木科、化学工学科を第2志望及び第3志望とすることを認める。

【電気科】

電気科の募集定員は①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
県立広島工業高等学校 電気科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を300点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 300点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点→300点に換算します。➁一般枠は30点→200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 300点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>機械科、建築科、土木科、化学工学科を第2志望及び第3志望とすることを認める。

【建築科】

建築科の募集定員は①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
県立広島工業高等学校 建築科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を300点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 300点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点→300点に換算します。➁一般枠は30点→200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 300点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>機械科、電気科、土木科、化学工学科を第2志望及び第3志望とすることを認める。

【土木科】

土木科の募集定員は①特色枠50%(20人)➁一般枠50%(20人)の合計40人です。

<募集定員>計40人①特色枠50%(20人)➁一般枠50%(20人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
県立広島工業高等学校 土木科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を300点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 300点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点→300点に換算します。➁一般枠は30点→200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 300点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>機械科、電気科、建築科、化学工学科を第2志望及び第3志望とすることを認める。

【化学工学科】

化学工学科の募集定員は①特色枠50%(20人)➁一般枠50%(20人)の合計40人です。

<募集定員>計40人①特色枠50%(20人)➁一般枠50%(20人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:3:3:0(400:300:300:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
県立広島工業高等学校 化学工学科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を300点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 300点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点→300点に換算します。➁一般枠は30点→200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 300点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>機械科、電気科、建築科、土木科を第2志望及び第3志望とすることを認める。

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 時間:14:00 
学校HPでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

県立広島工業高等学校は昨年度の試験内容から変更があります。

【機械科】【電気科】【建築科】【土木科】【化学工学科】

自己表現 配点
<特色枠>45点→300点に換算 → 30点→300点に換算
<一般枠>45点→200点に換算 → 30点→200点に換算

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

2021年度

学科 募集
定員
選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
機械科 80名 40名 58名 1.45倍 40名 47名 1.20倍
電気科 80名 40名 53名 1.33倍 40名 30名 0.83倍 10名 3名
建築科 80名 40名 46名 1.15倍 40名 41名 1.15倍
土木科 40名 20名 25名 1.25倍 20名 11名 0.60倍 8名 0名
化学工学科 40名 20名 7名 0.35倍 33名 4名 0.15倍 28名 2名

2022年度

学科 募集
定員
選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
機械科 80名 40名 33名 0.83倍 48名 27名 0.56倍 24名 1名
電気科 80名 40名 47名 1.18倍 40名 37名 0.93倍 3名 0名
建築科 80名 40名 37名 0.93倍 45名 36名 0.80倍 8名 1名
土木科 40名 20名 32名 1.60倍 20名 24名 1.20倍
化学工学科 40名 20名 14名 0.70倍 26名 6名 0.23倍 21名 1名

2023年度

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
機械科 80名 80名 1.00倍
電気科 80名 87名 1.09倍
建築科 80名 74名 0.93倍
土木科 40名 39名 0.98倍
化学工学科 40名 18名 0.45倍

2024年度

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
機械科
電気科
建築科
土木科
化学工学科

学校情報

□機械科は機械加工技能士、電気科は電気工事士、化学工学科は危険物取扱者の資格取得、建築科は建築施工管理技術検定、土木科は土木施工管理技術検定の受検を推奨している。また、技能オリンピックなどに出場し、好成績をおさめている。

クラブ活動

●体育系

硬式野球/サッカー/陸上競技/バスケットボール/バレーボール/ソフトテニス/硬式テニス/卓球/バドミントン/柔道/剣道/空手道/弓道/アーチェリー/ラグビー/水球

●文化系

茶華道/放送/軽音楽/応用化学/機械工作/建築/自動車/電気通信/土木測量/写真/美術/囲碁・将棋/ブラスバンド

最近の主な部活動の実績

■ラグビー部
県総体ラグビー競技15人制の部で第3位
県総体ラグビー競技7人制の部で第3位
第66回中国高校ラグビー大会 Cブロック優勝

■柔道部
中国大会(鳥取)出場

■アーチェリー部
中国高校総体 出場

■陸上部 
中国高校総体(岡山市) ハンマー投げ → インターハイ出場

■弓道部
第76回広島県高等学校総合体育大会【遠的】団体優勝
第76回広島県高等学校総合体育大会【近的】団体優勝→インターハイ出場(→ベスト16)
個人第2位→インターハイ出場

■水球部
第76回広島県高等学校総合体育大会【水球競技】第2位

第15回広島県高校生技能オリンピック
【土木測量部】 測量技術第1位 平板測量第1位 水準測量第1位
【旋盤作業部門】第3位 
          ↓
(令和5年度高校生ものづくりコンテスト中国地区大会出場)

進路実績

  求人数 就職者 進学者
令和元年度 2092 230 54
令和2年度 1937 223 72
令和3年度 2041 236 69
令和4年度 2292 179 79
令和5年度 2521 147 25

※2023年11月8日時点

所在地

〒734-0001

広島県広島市南区出汐2丁目4−75

マップ

広島県立広島工業高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】部活紹介Part.3(如水館高校)

【密着取材!!】部活紹介Part.3(如水館高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE