公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

イベント情報

広島県立福山葦陽高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立福山葦陽高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

福山葦陽高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

福山葦陽高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われました。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【普通科】

普通科の募集定員は①特色枠20%(64人)➁一般枠80%(256人)の合計320人です。

<募集定員>計320人①特色枠20%(64人)➁一般枠80%(256人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=2:6:2:0(200:600:200:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=2:6:2:0(200:600:200:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を200点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 200点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
福山葦陽高等学校 普通科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を600点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 600点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 時間:10:00~16:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)10:30~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)10:00~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

福山葦陽高等学校は昨年度の試験内容から変更はありません。

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 280名 56名 80名 1.43倍 224名 280名 1.25倍
2022年度 320名 64名 91名 1.42倍 256名 260名 1.02倍  

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 志願者数 倍率
2023年度 320名 357名 1.12倍
2024年度 320名 376名 1.18倍

学校情報

教育理念について

□110年の伝統を継承しながら、地域から尊重される学校として輝き続ける。

教育の特色について

□「観察すること」と「行動すること」を教育の基本に捉え、それを習慣化することで、自信と誇りと意欲に満ちた人間を育成する。

カリキュラムについて

□1年次は共通。2、3年次は人文系、理数系に分かれる。
□外国人講師とのチームティーチングを国際系の授業を中心に実施。

施設について

□体育館兼講堂、葦陽会館(同窓会館)、情報教室、語学情報教室、プール、食堂、図書館
□情報教室以外に生徒がインターネット等を利用できる場所として図書館(12台)、進路閲覧室(2台)など。

進路実績

□指定校推薦は、117大学、63短大を持つ。

  岡山大 福山市立大 国公立合計 私大合計 短大 専門学校 就職
2019年度 1名 3名 16名 240名 39名 90名 23名
2020年度 2名 4名 16名 248名 26名 106名 20名
2021年度 0名 3名 15名 226名 26名 90名 18名


◆主な進学先
大分大学、岡山大学、愛媛大学、高知大学、福山市立大学、尾道市立大学、下関市立大学、北九州市立大学、高知県立大学、福山大学、福山平成大学、岡山理科大学、広島修道大学、広島経済大学、中国学園大学、広島文教大学、くらしき作陽大学、広島女学院大学、川崎医療福祉大学、就実大学、倉敷芸術科学大学、広島国際学院大学、広島工業大学、広島文化学園大学、比治山大学、岡山商科大学、吉備国際大学、環太平洋大学、安田女子大学、立命館大学、大阪国際大学、大阪産業大学、大阪大谷大学、近畿大学、大阪経済大学、国学院大学、神戸学院大学、名城大学、奈良大学、龍谷大学、福岡大学、東洋学園大学、神戸海星女子学院大学、九州産業大学、京都ノートルダム女子大学、ノートルダム清心女子大学、京都産業大学など

クラブ活動

□運動部活動を通じて、本校の【目指す生徒像】である『変化の激しい社会をたくましく生きるための社会人基礎力(前に踏み出す力・考え抜く力・チームで働く力)を身に付けた生徒』の育成を図る。「文武両道」を柱とし、以下の点を重視して取り組む。
□知・徳・体のバランスのとれた「生きる力」を育む、「日本型学校教育」の意義を踏まえ、生徒がスポーツを楽しむことで運動習慣の確立等を図り、生涯にわたって心身の健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現するための資質・能力の育成を図るとともに、バランスのとれた心身の成長と学校生活を送ることができるようにする。
□生徒の自主的、自発的な参加により行われ、学校教育の一環として教育課程との関連を図り、合理的でかつ効率的・効果的に取り組む。
□学校全体として運動部活動の指導・運営に係る体制を構築する。

●体育系

サッカー/ラグビー/バスケットボール/バレーボール/ソフトボール(女)/硬式野球/陸上競技/バドミントン/ソフトテニス/テニス/卓球/柔道/剣道/水泳/空手道/弓道

●文化系

吹奏楽/自然科学/ボランティア/美術/書道/華道/茶道/写真/漫画研究/棋道/英語/放送/家庭科/アコースティックギター

所在地

福山市久松台3-1-1
(084)923-0400

マップ

広島県立福山葦陽高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE