公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

イベント情報

広島県立福山誠之館高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立福山誠之館高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

福山誠之館高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

福山誠之館高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われます。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)2024年2月29日(木)

【総合学科】

総合学科の募集定員は①特色枠50%(160人)➁一般枠50%(160人)の合計320人です。

<募集定員>計320人①特色枠50%(160人)➁一般枠50%(160人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=7:1:2:1(700:100:200:100)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:1(600:200:200:100)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=7:1:2:1(700:100:200:100)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:1(600:200:200:100)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学(一般学力検査に替えて自校作成問題により実施する学力検査)・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠では傾斜配点・活用教科の設定があり、国100点満点、社・理50点満点、数300点満点、英200点満点の計700点満点です。➁一般枠では傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では700点を700点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学(自校作成問題)・理科・英語(一部自校作成問題)
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 国100点満点、社・理50点満点、数300点満点、英200点満点(計700点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】700点 → 700点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
福山誠之館高等学校 総合学科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を100点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 100点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査では、英語の文法を中心とした検査を行います。時間は20分で、配点は100点満点です。

<学校独自検査>
・実施内容:英語の文法を中心とした検査[20分]
・配点:100点満点

【①特色枠】100点 → 100点に換算 【➁一般枠】100点 → 100点に換算

<その他>
一般学力検査の「数学」は問題の全部を自校で作成した問題に置き替えて実施する。

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 11:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)11:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)11:00~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

福山誠之館高等学校は昨年度の試験内容から変更はありません。

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 280名 56名 100名 1.79倍 224名 279名 1.21倍
2022年度 320名 64名 108名 1.69倍 256名 283名 1.11倍

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2023年度 320名 354名 1.11倍
2024年度            


●自校作成問題はこのような考えで作られています。
□数学の自校作成問題は、一般学力検査問題の全部を置き換えて実施しています。
□答えを導くプロセスを記述させることで、数学的な見方・考え方、論理的な思考力を見る問題を出題しています。
□英語の自校作成問題は、一般学力検査問題に本校独自の問題を加えて実施しています。
□長文を読む問題などではなく、基本的な文法を問う問題を出題しています。

学校情報

●総合学科の特色について

□進路希望に応じた選択ができるよう多くの特色ある教科・科目を置いている。また,1年次の「産業社会と人間」では,地域の課題や最先端の取組にふれることで、社会の構造を体験的に学び,2・3年次の「総合的な探究の時間」では,自分ごととして取り組むことのできる課題を設定し,解決策を練るなどの研究に取り組み,どのような課題に直面しても切り開いていけるだけのものの見方・考え方を身に付けることを目指す。

●学びの変化について

□令和2年度よりBYOD(Bring Your Own Device)を導入し,情報端末を授業や家庭学習で活用することで、情報収集や表現の幅を広げている。また、「誠之館 学びのスタイル」として,動画等で単元の概要を確認して授業に臨み、さらに理解を深める形としている。課題についても、生徒個々の状態に合わせた「マイプログラム」による学習を取り入れ、生徒自身が自主的に学習に取り組める環境を整えている。

クラブ活動

●体育系
剣道/チアリーディング/陸上競技/ラグビー/硬式テニス/ソフトテニス/野球/サッカー/卓球/水泳/ソフトボール/フェンシング/バレーボール/バスケットボール/空手/弓道/ワンダーフォーゲル/バドミントン/ボート/ボランティア

●文化系
文芸/天文/茶道/情報技術(IT)/放送/音楽部吹奏楽団/棋道/生物研/化学研/美術/書道/演劇/史学研/華道/漫画研/調理/外国語/弁論

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は過年度生の内数。

  難関国立大 広島大 岡山大 国公立合計 同志社 立命館 関西 関西学院
2021年度 11名
(2)
24名(1) 24名
(1)
176名
(10)
8名
(8)
26名
(9)
12名(5) 16名
(2)
2022年度 22名
(3)
17名(0) 28名
(0)
192名
(9)
7名
(0)
48名
(4)
6名
(0)
17名
(0)
2023年度 15名
(9)
20名(3) 18名
(2)
176名
(15)
13名
(2)
44名
(2)
19名(1) 24名
(0)

所在地

福山市木之庄町6-11-1
(084)922-0085

マップ

広島県立福山誠之館高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】部活紹介Part.3(如水館高校)

【密着取材!!】部活紹介Part.3(如水館高校)

もっと読む

もっと読む