大学附属 女子校 私立 高校

教育内容

□難関国立大学への進学を目指す「スーパー選抜クラス」、国公立大学・難関私立大学への進学を目指す「進学選抜クラス」、先生を志す人たちの「こども教育クラス」、多様な進路を目指す「総合進学クラス」、思い切りスポーツや文芸に打ち込み、将来はプロやオリンピック出場などを目指す「スポーツ・カルチャークラス」の5つの目的別クラスがある。将来への志や目的意識をしっかりと持った生徒を応援するカリキュラムになっている。

□タブレット端末を全生徒に配布し、オンライン授業や動画学習など21世紀型の学習に対応している。授業は電子黒板を使ってビジュアル的にもわかりやすい指導をしている。

高校受験の仕組み(高校入試制度)

広島文教大学附属高等学校は私立高校です。
私立高校を第1志望とする生徒向けの推薦入試と、公立高校を第1志望とする生徒向けの一般入試が行われます。
推薦入試・一般入試ともに高校側が設定する内申点基準・生活基準をクリアすることで専願制度を利用できます。
※専願制度を利用しない受験も可能です。

最新の試験内容をくわしく知る

(※こちらの記事は2022年度入試内容です。)

〇推薦入試

広島文教大学附属高等学校の推薦入試は、2022年2月3日(木)に行われます。
全クラスとも同日の実施です。
推薦入試の試験科目は、選考方法によって異なります。

(1) 3教科入試 【英語・国語・数学の筆記試験】
(2) 3教科+面接入試 【英語・国語・数学の筆記試験,面接】 (こども教育クラス,スポーツ・カルチャークラスを第一希望とする場合は,この方法によること)
(3) 特待生選抜入試 【(1) 3教科入試+英語・数学の応用問題の試験と面接)(スーパー選抜クラスを第一希望とする場合は必ずこ の方法によること)
各科目の試験時間は50分で面接試験が行われます。
合格発表は、2月8日(火)です。

<実施日時>2022年2月3日(木)
<試験科目>選考方法によってことなる(全3パターン)
<試験時間>各科目50分
<面接試験>実施あり(※先生1~2人:生徒1人)
<合格発表日>2022年2月8日(火)

〇一般入試

広島文教大学附属高等学校の一般入試は、2022年2月17日(木)に行われます。
全クラスとも同日の実施です。
一般入試の試験科目は、試験科目は、選考方法によって異なります。

(1) 3教科入試【英語・国語・数学の筆記試験】(進学選抜クラス,こども教育クラス,総合進学クラス,スポーツ・カルチャークラスを第一希望とする場合は,必ずこの方法によること)
(2) 特待生選抜入試 【(1) 3教科入試+英語・数学の応用問題の試験】(スーパー選抜クラスを第一希望とする場合は必ずこの方法によること)
各科目の試験時間は50分で面接試験が行われます。
合格発表は、2月22日(火)です。

<実施日時>2022年2月17日(木)
<試験科目>選考方法によってことなる(全3パターン)
<試験時間>各科目50分
<面接試験>実施なし
<合格発表日>2022年2月22日(火)

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  募集定員 推薦入試 一般入試 入学者数
受験者数 合格者数 倍率 受験者数 合格者数 倍率
2019年度 160名 242名 242名 1.00倍 68名 68名 1.00倍 117名
2020年度 160名 288名 281名 1.02倍 80名 77名 1.03倍 156名
2021年度 160名 190名 190名 1.00倍 38名 38名 1.00倍 122名

学校情報

●特待生・奨学生制度について

□ぶんきょう奨学生【推薦入試(推薦方式・特別専願方式)のみの制度】
 (1)学業成績優秀者(内申点が特待生に準ずる者)毎月30,000円を給付。
  ※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
 (2)実用英語技能検定準2級以上取得者毎月30,000円を給付。
  ※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
 (3)実用英語技能検定3級取得者毎月5,000円を給付。
  ※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。

□ぶんきょうクラブ奨学生【推薦入試(推薦方式)のみの制度】
 中学校在学中、文化・スポーツ活動において活躍し、かつ、学業成績・人物ともに優秀で、学習意欲旺盛な者
・全国大会など、地域ブロック(中国ブロック、九州ブロックなど)以上の大会に出場した生徒
 ・県大会などでトップ級の成績(金賞等)を収めた生徒
 ・将来性も含めて評価が高く、クラブチームの指導者など専門家が推薦する生徒
 (1)ぶんきょうクラブ奨学生A型毎月30,000円を給付。
  ※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
   寮生の場合、毎月の寮費を免除。(但し、二人部屋を一人で使用する場合は一人分のみ免除)
 (2)ぶんきょうクラブ奨学生B型毎月5,000円を給付。
  ※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
  寮生の場合、毎月の寮費を免除。(但し、二人部屋を一人で使用する場合は一人分のみ免除)

●特待生・奨学生制度について

(1)特待生Ⅰ型
・授業料全額(38,000円)を免除。※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
・留学奨励助成金を給付。(100万円)
・大手予備校受講料助成金を給付。(1学年50万円、2学年50万円、3学年100万円)
・寮生の場合、毎月の寮費を免除。

(2)特待生Ⅱ型
・授業料全額(38,000円)を免除。※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
・3年間で300万円を上限に、大手予備校受講料助成金を給付。
・寮生の場合、毎月の寮費を免除。

(3)特待生Ⅲ型
・授業料全額(38,000円)を免除。※就学支援金および授業料等軽減制度の対象者は、その差額を給付。
・300万円を上限に、留学奨励助成金を給付。
・寮生の場合、毎月の寮費を免除。

●特待生・奨学生制度について

□推薦入試で不合格になり、再度一般入試を受験する場合は、受験料は無料になる。

●特待生・奨学生制度について

□「スーパー選抜クラス」:
 難関国立大学への進学を目指す。
 少人数クラスで徹底指導。高2までに受験学力の基礎基本を定着。高3では大学入学共通テスト・2次対策を授業+補習+予備校講義などを組み合わせて実施。3ヵ月・6ヵ月の留学制度を完備。
□「進学選抜クラス」:
 国公立大学・難関私立大学への進学を目指す。
 高2までに受験学力の基礎基本を指導。高3では大学入学共通テスト・2次対策、私大対策を授業+補習+予備校講義などでおこない、着実に学力を伸ばす。
□「こども教育クラス」:
 保育士や幼・小・中・高等学校の先生になるための進学をサポートする。
 広島文教大学と連携し、7年一貫教育【附属高校3年+広島文教大学4年】で優れた教育者を育成。
 広島文教大学の講義の受講や、附属幼稚園実習への参加などを通して、教育者としての使命感を磨く。
□「総合進学クラス」:
 文武両道、充実のキャリア教育、大学・専門学校などを目指す。
 充実した進学対応のカリキュラム。高校3 年間の授業や補習などで着実に学力を磨く。
□「スポーツ・カルチャークラス」:
 世界で活躍するスポーツ選手や芸術家を目指す。
 一芸を極めるため、できるだけ練習に打ち込める環境を整備。有名指導者や専門機関との連携。
 英語や日本語教育にも力を入れ、国際的に活躍できる人材を育成。

クラブ活動

●体育系
弓道/サッカー/バスケットボール/バレーボール/ソフトテニス/ソフトボール/陸上競技/ダンス/バドミントン

●文化系
和太鼓/放送/茶華道/アニメ・イラスト/パソコン/写真/科学/書道/吹奏楽/琴/美術/ ESS /演劇文芸/軽音楽

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は、過年度生の内数。

国立大公立大国公立合計文教県内私大(文教以外)県外私大私大合計短大専門学校就職
2019年度3名
(1)
4名
(0)
7名
(1)
32名
(0)
75名
(1)
23名
(7)
130名
(8)
14名38名1名
2020年度2名
(0)
3名
(0)
5名
(0)
38名
(0)
51名
(0)
17名
(0)
106名
(0)
12名28名10名
2021年度5名
(0)
1名
(0)
6名
(0)
24名
(0)
30名
(0)
19名
(0)
73名
(0)
6名20名6名

所在地

〒731-0222

広島県広島市安佐北区可部東1丁目2−3

マップ

広島文教大学附属高等学校の記事を見る

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

もっと読む

もっと読む