大学附属 女子校 私立 高校

新着情報

教育内容

□国公立大学・難関私立大学への進学を目指す「特別進学クラス」、多様な進路を目指す「総合進学クラス」、先生を志す人たちの「こども教育クラス」(2年次よりクラスを編成)の3つの目的別クラスがある。将来への志や目的意識をしっかりと持った生徒を応援するカリキュラムになっている。

□タブレット端末を全生徒に配布し、オンライン授業や動画学習など21世紀型の学習に対応している。授業は電子黒板を使ってビジュアル的にもわかりやすい指導をしている。

イベント情報

広島文教大学附属高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2024オープンスクール】広島文教大学附属高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

広島文教大学附属高等学校は私立高校です。
私立高校を第1志望とする生徒向けの推薦入試推薦方式と、公立高校を第1志望とする生徒向けの一般入試専願方式・一般入試一般方式があります。

【2023年最新】2024年度 試験内容を詳しく知る

(※こちらの記事は2024年度入試内容です。)

〇推薦入試

広島文教大学附属高等学校の推薦入試は、2024年(令和6年)1月30日(火)に行われます。

3教科入試 【英語・国語・数学の筆記試験】
合格発表は、2024年(令和5年)2月5日(月)です。

<実施日時>2024年(令和6年)1月30日(火)
<試験科目>3教科入試 【英語・国語・数学の筆記試験】
<面接試験>実施なし
<合格発表日>2024年(令和6年)2月5日(月)

〇一般入試(専願方式、一般方式)

広島文教大学附属高等学校の一般入試(専願方式、一般方式)は、2024年(令和6年)2月15日(木)に行われます。
専願方式は本校及び公立高校を受験し、公立高校の結果判明後、本校に入学することを誓約する方式です。一般方式は専願で受験しない方式です。
3教科入試 【英語・国語・数学の筆記試験】
合格発表は、2024月(令和6年)2月21日(水)です。

<実施日時>2024年(令和6年)2月15日(木)
<試験科目>3教科入試 【英語・国語・数学の筆記試験】
<面接試験>実施なし
<合格発表日>2024年(令和6年)2月21日(水)

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  募集定員 推薦入試 一般入試 入学者数
受験者数 合格者数 倍率 受験者数 合格者数 倍率
2021年度 160名 190名 190名 1.00倍 38名 38名 1.00倍 122名
2022年度 160名 169名 169名 1.00倍 39名 39名 1.00倍 84名
2023年度 160名 197名 197名 1.00倍 3名 3名 1.00倍

※公立高校選抜Ⅰがなくなったため、23年度入試においては、専願入試希望者のほとんどは推薦入試特別専願方式で受験をしました。そのため、一般入試での受験生が少なくなりました。

学校情報

●奨学生制度について

□ぶんきょう奨学生【推薦入試・一般入試(専願方式)のみの制度】
次の①~⑤の要件のうち、いずれかを満たしたもの
①特待生S型     →毎月38000円を給付します。
②学業成績優秀者Ⅰ型 →毎月10,000円を給付。
③学業成績優秀者Ⅱ型 →毎月5,000円を給付。
④実用英語技能検定準2級以上取得者 →毎月10,000円を給付。
⑤実用英語技能検定3級取得者 →毎月5,000円を給付。
※就学支援金および授業料等軽減制度とは別に給付します。
※この奨学金は返還する必要はありません。期間は原則1年ですが、継続適用を申請し、学業成績等において一定以上の条件・基準を満たした場合は、給付期間を延長します。また、一定の条件・基準を満たせば、第2学年から給付を受けることもできます。

□ぶんきょうクラブ奨学生【推薦入試のみの制度】
 中学校在学中、文化・スポーツ活動において活躍し、かつ、学業成績・人物ともに優秀で、学習意欲旺盛な者
・全国大会など、地域ブロック(中国ブロック、九州ブロックなど)以上の大会に出場した生徒
 ・県大会などでトップ級の成績(金賞等)を収めた生徒
 ・将来性も含めて評価が高く、クラブチームの指導者など専門家が推薦する生徒
①特待生S型 →毎月38000円を給付します。
②奨学生A型 →毎月10000円を給付します。
③奨学生B型 →毎月5000円を給付します。
※就学支援金および授業料等軽減制度とは別に給付します。
※この奨学金は返還する必要はありません。期間は原則3年間ですが、本人の意志でクラブを退部したときなど一定の要件に該当した場合には、受給資格を取り消すことがあります。詳しい内容については、本校にお問い合わせください。

●武田学園優遇措置について

本学園の高等学校・大学に兄弟姉妹が在籍していたり、保護者や兄弟姉妹が卒業生である場合には、入学後に入学手続金・入学金の4分の1が給付されます。

●クラスについて

□「特別進学クラス」
 国公立大学・難関私立大学への進学を目指す。
 高2までに受験学力の基礎基本を指導。高3では大学入学共通テスト・2次対策、私大対策を授業+補習などでおこない、着実に学力を伸ばす。
□「総合進学クラス」
 文武両道、充実のキャリア教育、大学・専門学校などを目指す。
 充実した進学対応のカリキュラム。高校3 年間の授業や補習などで着実に学力を磨く。
□「こども教育クラス」(2年次よりクラスを編成)
 保育士や幼・小・中・高等学校の先生になるための進学をサポートする。
 広島文教大学と連携し、6年一貫教育【附属高校2年+広島文教大学4年】で優れた教育者を育成。
 広島文教大学の講義の受講や、附属幼稚園実習への参加などを通して、教育者としての使命感を磨く。

クラブ活動

●体育系
弓道/サッカー/バスケットボール/バレーボール/ソフトテニス/ソフトボール/陸上競技/ダンス/バドミントン同好会

●文化系
和太鼓/放送/茶華道/アニメ・イラスト/パソコン/写真/科学/書道/吹奏楽/琴/美術/ ESS /演劇文芸/軽音楽同好会

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は、過年度生の内数。

国立大公立大国公立合計文教県内私大(文教以外)県外私大私大合計短大専門学校就職
2021年度5名
(0)
1名
(0)
6名
(0)
24名
(0)
30名
(0)
19名
(0)
73名
(0)
6名20名6名
2022年度2名
()
4名
()
6名
()
19名
()
44名
()
10名
()
73名
()
10名32名3名
2023年度
()

()

()

()

()

()

()

所在地

〒731-0222

広島県広島市安佐北区可部東1丁目2−3

マップ

広島文教大学附属高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE