公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

●イノベーティブなグローバル人材の育成を目的とした、文部科学省のWWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における、全国10校の拠点校の一つに2019年の春指定。これにより国際交流の拡大・発展はもちろん、大学での先取り授業の実施、グローバルな社会課題に対する海外校と協働しての研究など、新たな教育活動に向けた取組が進んでいる。
●修学旅行での米国ハワイ州立モアナルア高校(姉妹校)との交流やニュージャージー州バーゲン・カウンティ・アカデミー校(姉妹校)との研究交流、科学部の国際学会等での研究発表など、多彩な異文化間協働活動に取り組んでいる。また、総合的な学習(探究)の時間では、すべての生徒が課題研究に取り組み、社会や自然の中から様々な課題を発見し、主体的な探究を行い、課題を解決する活動を通して、これからの社会を生きるために必要な資質・能力を身に付けている。部活動では、今年度はヨット部、レスリング部、チアリーディング部、美術部、科学部物理班、軽音楽部が全国大会に、陸上競技部、水泳部が中国大会に出場した。
●明治10年(1877年)創立、今年で146年目を迎える。旧制広島一中。卒業生は4万人を超え、各界で活躍中。平成25年にセミナールームを持つ同窓会館が建てられ、授業でも活用されている。

●令和5年度より制服が変わりました

イベント情報

広島県立広島国泰寺高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立広島国泰寺高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

広島県立広島国泰寺高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

広島国泰寺高校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われます。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【普通科】普通コース

普通科の募集定員は①特色枠50%(120人)➁一般枠50%(120人)の合計240人です。

<募集定員>計240人①特色枠50%(120人)➁一般枠50%(120人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠では傾斜配点・活用教科の設定があり、国・社・理は各50点満点、数・英は各100点満点の計350点満点です。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では350点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 国・社・理 各50点満点、数・英各100点満点(計350点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 国・社・数・理・英 各50満点(計250点満点)
【①特色枠】350点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録が(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
広島国泰寺高等学校 普通科普通コースの配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を400点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 400点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>普通科[理数]コースを第2志望とすることを認める。

【普通科】理数コース

理数コースの募集定員は①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠50%(40人)➁一般枠50%(40人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠では傾斜配点・活用教科あり、国・社・英は各50点満点、数・理は各100点満点の計350点満点です。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では350点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 国・社・英 各50点満点、数・理各100点満点(計350点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 国・社・数・理・英 各50満点(計250点満点)
【①特色枠】350点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録が(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
広島国泰寺高等学校 普通科理数コースの配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を400点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 400点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

<その他>普通科[普通]コースを第2志望とすることを認める。

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 時間:14:00 
学校HPでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

広島国泰寺高等学校は昨年度の試験内容から変更はありません。

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

◆普通科

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 200名 40名 83名 2.08倍 160名 240名 1.50倍
2022年度 240名 48名 95名 1.98倍 192名 292名 1.52倍

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2023年度 240名 359名 1.50倍
2024年度            

◆理数コース

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 80名 40名 38名 0.95倍 45名 62名 1.38倍
2022年度 80名 40名 44名 1.10倍 40名 53名 1.33倍

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2023年度 80名 95名 1.19倍
2024年度            

学校情報

●伝統校

□明治10年(1877年)創立、今年で146年目を迎える。旧制広島一中。卒業生は4万人を超え、各界で活躍中。平成25年にセミナールームを持つ同窓会館が建てられ、授業でも活用されている。

●先進性に富んだ理数系教育の充実

□文部科学省指定スーパーサイエンスハイスクールに平成14年度から14年間の指定。国内外の数々の理数系コンテスト等に入賞。現在も6つの班を持つ科学部を中心に、積極的な研究活動を展開。

●国際性の涵養を重視

□2019年3月、文部科学省WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業拠点校指定(全国10校)。
□海外修学旅行(ハワイ)の実施:普通コースは現地のモアナルア高校を訪問して国際交流活動を実施。また理数コースはハワイ島に行き、現地の高校との交流、キラウェア火山やマウナケア山などの自然観察を実施。
□英米に4校の姉妹校あり。
□米国 BCA高校との相互訪問や共同研究の実施。

●普通科理数コースについて

□多彩な学校設定科目を開設し、先進の教育内容を取り入れた質の高い授業を行う。1年生で理科3科目を履修し、早期に基本的な知識を幅広く身に付けることができる。また、理数探究基礎を1年生で週1時間、2年生では理数探究を週2時間、また3年生ではエクスプロアリングサイエンス(EPS/科学研究の方法を学び、探究活動を行う授業)を週1時間実施している。放課後は科学部でより専門的な研究を進めている。

●授業について

□1週間のうち、全学年とも月水の2日で7時間授業。
□理数コースでは研究成果の海外での発表など英語でのプレゼン能力の育成を意識した指導もしている。テストのための覚える英語ではなく、本当に必要な英語力を身に付ける。

●補習

□土曜日午前に、希望者を対象としてニュー・ウィークエンド・チャレンジ学習(NWC)を実施。また3年生は希望者を対象として一年間放課後補習を実施している。

●模擬試験

□ベネッセ模試、河合塾全統模試を全員受験。
□各難関大等オープン模試は希望者対象で実施。
□模試結果は個別面談(年間約10回)でフォロー。

●イベントについて

□5月:能楽鑑賞、6月:文化祭、合唱祭、OB講演会、7月:一中慰霊祭、8月:自然体験合宿、9月:体育祭、10月:オープンスクール、修学旅行(ハワイ※今年度は沖縄)、3月:課題研究成果発表会、クラスマッチなど、年間を通して魅力的なイベントを多数実施。

●その他

□全教室冷暖房完備。

クラブ活動

●体育系

野球/サッカー/バレーボール/バドミントン/卓球/陸上競技/水泳/テニス/ヨット/バスケットボール/ソフトテニス/応援団(チア・リーディング含む)/レスリング/剣道

●文化系

文芸/演劇/放送/合唱/華道/被服/調理/美術/吹奏楽/ ESS /囲碁将棋/イラスト/軽音楽/写真/科学(物理・化学・数学・生物・地学・ソリューション)/書道/ダンス/ユネスコ同好会

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は、過年度生の内数。

  難関
国立大
広島大 国公立
合計
早慶上理 明青
立法中
関関同立 私大合計 短大 専門学校 就職
2021年度 6名
(1)
41名
(2)
167名
(15)
6名
(1)
8名
(1)
128名
(16)
634名
(60)
3名
(0)
15名
(0)
0名
(0)
2022年度 15名
(2)
37名
(0)
183名(10) 3名
(1)
21名
(8)
143名
(7)
744名
(28)
5名
(0)
5名
(0)
1名
(0)
2023年度 20名(6) 47名
(3)
202名
(14)
10名
(6)
30名
(7)
175名
(16)
661名
(40)
0名
(0)
1名
(1)
3名
(0)

所在地

〒730-0042

広島県広島市中区国泰寺町1丁目2−49

マップ

広島県立広島国泰寺高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】学校紹介(広島翔洋高校)

【密着取材!!】学校紹介(広島翔洋高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE