公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

イベント情報

広島県立河内高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立河内高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

河内高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

河内高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われました。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)2024年2月29日(木)

【普通科】

普通科の募集定員は①特色枠0%(0人)➁一般枠100%(80人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠0%(0人)➁一般枠100%(80人)

配点の比重は、①特色枠はありません。➁一般枠は一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:1(600:200:200:100)です。

<配点比重>
【①特色枠】なし
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:1(600:200:200:100)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠はありません。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点で、250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】なし 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
河内高等学校 普通科の配点は①特色枠はありません。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点で、225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】なし 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠はありません。➁一般枠は30点満点で、30点を200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】なし 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査では、面接が行われます。時間は5分で、配点は80点満点です。

<学校独自検査>
・実施内容:面接(5分)
・配点:80点満点

【①特色枠】なし 【➁一般枠】80点 → 100点に換算

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 10:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)10:00~3/11(月)15:00
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)10:00~3/11(月)15:00

昨年度の試験内容との変更点

河内高等学校は昨年度の試験内容から変更があります。

学校独自検査:面接 7分→面接 5分

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 80名 16名 28名 1.75倍 64名 46名 0.72倍 18名 0名
2022年度 80名 16名 17名 1.06倍 64名 34名 0.53倍 31名 0名

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 志願者数 倍率
2023年度 80名 61名 0.76倍 20名 0名
2024年度 80名 81名 1.01倍 1名 0名

学校情報

●授業時間について

□週30時間(1日6時限×50分)の授業。3学期制。
□2年次から進路目標や自己の興味・適性により「理科」、「人文」、「情報・生活」類型のいずれかを選択。
□1年次に中学校の学び直しのための「高校英語入門」、「高校数学入門」の授業を週1時間ずつ設けている。
□全学年の国語・英語・数学で習熟度別授業を実施。少人数で理解度に応じた授業を受けることができる。
□インターンシップやボランティア活動への参加を奨励。
□毎朝、マナトレ、classi等を活用して英数国の学び直し、教材による学習を実施。

●補習について

□3年生対象に3教科で実施。小論文を始め個別指導に力を入れている。

●生活指導について

□『いつでも面接試験に行けるように!』と身だしなみの指導に注力。毎朝、登校時のあいさつ指導の際、確認している。

●卒業後の進路について

□昨年度6割が就職、約4割が大学、短大、専門学校への進学。就職希望者の就職率は100%。
□就職志望の生徒が多いため、就職に向けた細かい指導が特徴。
□県内の企業を中心に、多くの求人があり、製造業や福祉など、いろいろな業種に就職をしている。

●入試について

□意欲的に学ぶ姿勢を総合的に判断。定員割れでも不合格になることもある。

クラブ活動

●体育系

硬式野球/陸上競技/バスケットボール/ソフトテニス/卓球/弓道

●文化系

アニメコミック/軽音楽/JRC/美術/音楽

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。

広島大国公立合計広島修道大私大合計短大専門学校就職
2019年度0名 0名 1名6名1名7名36名
2020年度0名 0名 1名3名2名14名32名
2021年度0名 0名 0名 6名2名11名8名
2022年度0名0名0名6名0名18名14名

所在地

〒739-2202

広島県東広島市河内町下河内10194−2

マップ

広島県立河内高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE