公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和5年度(2023年度)高校入試の実施内容」を追加しました。

【最新】令和5年度(2023年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

昨年度までの高校受験の仕組み(高校入試制度)

広島県立広島井口高等学校は公立高校です。
選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が行われます。
選抜Ⅲ(選3)は過去3年間の実施はありません。


昨年度の試験内容をくわしく知る

(※こちらの記事は2022年度入試内容です。)

●選抜Ⅰ

広島県立広島井口高等学校の選抜Ⅰ日程(=推薦入試)は、2022年2月3日(木)に行われます。

<実施日時>2022年2月3日(木)

【普通科】選抜1は、募集定員64名で選抜方法は、調査書・小論文・面接です。

<募集定員>64名(全定員の20%)

<選抜方法>調査書(=内申点)・小論文・面接

選抜結果の通知は、2022年2月8日(火)で、中学校の先生から結果が通知されます。合格発表は選抜Ⅱと同じ3月15日(木)です。

<選抜結果の通知>2022年2月8日(火)中学校の先生から受験生徒へ通知されます。

<合格発表>2022年3月15日(火)

学校掲示:あり (14:00)
学校HPでの発表:あり(14:00)

●選抜Ⅱ


広島県立広島井口高等学校の 選抜Ⅱ日程(=一般入試)は、2022年3月7日(月)2022年3月8日(火)の2日間にわたって行われます。

<実施日時>2022年3月7日(月)2022年3月8日(火)


【普通科】選抜2は、募集定員256名で選抜方法は、調査書・学力試験です。傾斜配点の実施はありません。

<募集定員>256名(全定員の80%)<傾斜配点>実施しない

<学力:調査書>実施しない

合格発表は、2022年3月15日(火)です。

<合格発表日>2022年3月15日(火)

学校掲示:あり(14:00) 
学校HPでの発表:あり(14:00)

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2019年度 280名 56名 101名 1.80倍 224名 275名 1.22倍
2020年度 280名 56名 91名 1.63倍 224名 283名 1.25倍
2021年度 280名 56名 84名 1.50倍 224名 292名 1.29倍

学校情報

●立地環境

□JR山陽本線、広電宮島線、バスが利用でき、通学の便がとてもよく、遠距離通学も可能。

●授業内容・時間について

□1コマ50分の月水金7限・火木6限混合授業、週33コマの授業を展開している。大学入学共通テスト5教科7科目型に完全対応したカリキュラム。
□平日補習を1~3年で行っている。3年は全科目、2年は英・数・国、1年は英・数に対応している。
□2021年度入学生から、一人1台パソコンの導入により、校内Wi-Fi環境も整う。
□数学科において、2年次より習熟度制授業を実施。また、英語科のなかで、小人数指導やティーム・ティーチングを行うことも。
□難関大志望者や小論文・面接を必要とする生徒には個別の添削指導も行う。

●英語外部検定について

□2018年度入学生よりGTECの全員受験を行っている。2・3年生においてGTEC検定版を受験し、オフィシャルスコアの発行を受けている。

●修学旅行について

□オーストラリアとハワイに姉妹校を持ち、相互ホームステイによる国際交流を続けている。H14年度からハワイへの修学旅行を実施し、2年生全員でのハワイ姉妹校訪問を行っている。(今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防のため,修学旅行は北海道に変更。)同窓会の援助によるハワイへの奨学生派遣制度もある。平成30年度より、留学生をリーダーとした英語のみのグループディスカッションを中心とする「エンパワーメントプログラム」を希望者対象で実施し、異文化コミュニケーション能力とリーダーシップの育成を図っている。

●行事について

□今年度は新型コロナウイルス感染拡大予防のため,大幅な行事の見直しを実施。遠足(4月)体育祭(9月)、修学旅行(高2/10月)、クラスマッチ(7月・3月)、百人一首かるた大会(高1/1月)、同窓会スカラシップ事業(高1/3月)。

●部活動について

□部活動加入率は90%以上。昨年度は陸上競技部がインターハイに出場、放送部と科学部が文化部のインターハイにあたる全国高等学校総合文化祭に出場。中国大会へは弓道部、男子ソフトテニス部も出場。
□文化系も、部の数が15部と充実している。放送部、文芸部、演劇部、吹奏楽部、さらに県内では珍しい箏曲部も活躍している。
□多くの生徒が結果だけでなく、社会性を身につけ「チーム井口」として組織的に活動している。

●学校施設について

□水はけ抜群のグラウンドは野球・サッカー・陸上の3部が同時に練習可能。
□テニスコート4面のうち2面は県立高校では数少ないオムニ(人工芝)コート。
□特別教室を含む全教室に冷暖房完備。
□生徒食堂は2021年度4月から営業を再開

クラブ活動

●体育系

野球/サッカー/テニス/バレー/剣道/バスケ/ソフトテニス/陸上/卓球/弓道/バドミントン

●文化系

吹奏楽/演劇/合唱/茶道/科学/文芸/放送/ESS/書道/華道/写真/美術/電算機/JRC/箏曲

昨年度は陸上競技部がインターハイに出場、放送部と科学部が文化部のインターハイにあたる全国高等学校総合文化祭に出場。中国大会へは弓道部、男子ソフトテニス部も出場。

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。

広島大国公立
合計
早慶上理明青
立法中
関関同立私大合計短大専門学校就職
2019年度14名127名1名8名39名561名5名21名0名
2020年度11名122名2名7名29名598名5名24名1名
2021年度11名97名1名1名37名723名8名19名2名

所在地

〒733-0841

広島県広島市西区井口明神2丁目11−1

マップ

広島県立広島井口高等学校の記事を見る

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

もっと読む

もっと読む