公立 専門学科 共学 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和5年度(2023年度)高校入試の実施内容」を追加しました。

【最新】令和5年度(2023年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

昨年度までの高校受験の仕組み(高校入試制度)

広島県立宮島工業高等学校は公立高校です。
選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が行われます。
2021年度は選抜Ⅲ(選3)が行われました。

昨年度の試験内容をくわしく知る

(※こちらの記事は2022年度入試内容です。)

●選抜Ⅰ

広島県立宮島工業高等学校の選抜Ⅰ日程(=推薦入試)は、2022年2月3日(木)に行われます。

<実施日時>2022年2月3日(木)

【専門学科】選抜1は、機械科40名、素材システム科20名、電気・情報技術科40名、建築・インテリア科40名 計140名(50%)です。 選抜方法は、調査書・作文・面接です。

<募集定員>機械科40名、素材システム科20名、電気・情報技術科40名、建築・インテリア科40名 計140名(50%)

<選抜方法>調査書(=内申点)・作文・面接

選抜結果の通知は、2022年2月8日(火)で、中学校の先生から結果が通知されます。合格発表は選抜Ⅱと同じ3月15日(木)です。

<選抜結果の通知>2022年2月8日(火)中学校の先生から受験生徒へ通知されます。

<合格発表>2022年3月15日(火)

学校掲示:あり (14:00)
学校HPでの発表:あり(14:00)

●選抜Ⅱ

広島県立宮島工業高等学校の 選抜Ⅱ日程(=一般入試)は、2022年3月7日(月)2022年3月8日(火)の2日間にわたって行われます。

<実施日時>2022年3月7日(月)2022年3月8日(火)

【専門学科】選抜2は、募集定員が機械科40名、素材システム科20名、電気・情報技術科40名、建築・インテリア科40名 計140名(50%)です。 選抜方法は、調査書・学力試験・全員面接です。傾斜配点の実施はありません。

<募集定員>機械科40名、素材システム科20名、電気・情報技術科40名、建築・インテリア科40名 計140名(50%)

<傾斜配点>実施しない<全員面接>実施あり

合格発表は、2022年3月15日(火)です。

<合格発表日>2022年3月15日(火)

学校掲示:あり(14:00) 
学校HPでの発表:あり(14:00)

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

2019年度

  学科 定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2019年度 機械 80名 40名 66名 1.65倍 40名 68名 1.70倍
電気情報技術 80名 40名 84名 2.10倍 40名 63名 1.58倍
建築インテリア 80名 40名 64名 1.60倍 40名 42名 1.05倍
素材システム 40名 20名 25名 1.25倍 20名 31名 1.55倍

 

2020年度

  学科 定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2020年度 機械 80名 40名 56名 1.40倍 40名 33名 0.83倍
電気情報技術 80名 40名 58名 1.45倍 40名 46名 1.15倍
建築インテリア 80名 40名 79名 1.98倍 40名 62名 1.55倍
素材システム 40名 20名 32名 1.60倍 20名 26名 1.30倍

 

2021年度

  学科 定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2021年度 機械 80名 40名 51名 1.28倍 40名 37名 0.93倍
電気情報技術 80名 40名 49名 1.23倍 40名 43名 1.08倍
建築インテリア 80名 40名 44名 1.10倍 40名 16名 0.40倍
素材システム 40名 20名 15名 0.75倍 28名 12名 0.43倍

 

学校情報

●授業・カリキュラムについて

□各学科とも1学年から主体的な学び(PBL)を基に、専門の学習をすすめる。(例:機械科の場合…製図、機械工作など)大学進学を目指す生徒は、進学に向けての授業カリキュラムを履修する。
□全校生徒を対象に毎朝10分間(8:40~8:50)「朝読」を実施している。

●生徒指導について

□校訓の「礼節を重んじる」指導として、頭髪服装指導、挨拶指導を重点において指導している。
□「安心して安全に学習できる環境を提供する」こと、また、「社会に信頼される生徒を育てていく」ことを目指し学校運営に取組んでいる。
 「いじめ、暴力行為は絶対に許せない」という認識を持ち、自律性を育成する指導を行っている。
□遅刻指導で「時間を厳守することの大切さ」を生徒が自覚し、無遅刻・無欠席生徒を増えることで、学期または1年間皆勤生徒を表彰することで生徒の自己管理能力を高めている。
□生徒会主導で、「コロナ禍でできる地域貢献」について、生徒が自主的に自治体等と連携し、取り組んでいる。

●補習について

□学力補習、学力補充、資格検定取得に向けた資格検定補習を放課後に実施。資格検定のために、SHR前に問題演習を実施。

●資格について

□各種資格の取得が可能で、電気工事士の合格率は県内でもトップクラス。国家技能検定合格者も数多く輩出している。ジュニアマイスターを取得した生徒は、表彰を行っている。

●指定校推薦について

□県内外を含め約50校くらい。宮工の中で成績を上げ、指定校推薦(広島工業大・近畿大・広島国際大など)を取ることを目標にしている生徒も多い。今後は、国公立の工業高校枠での推薦実績を上げていくことも目標としている。

●広島工業大学への指定校推薦基準

□30名の推薦枠がある。
□広島工業大学との提携で、一般入試や推薦入試とは別の基準を定め、宮島工業高校の校長推薦がある生徒を広島工業大学が受け入れている。

●進路について

□全体の31%が進学(大学:22人、短大:4人、専門:51人)。
□全体の69%が就職。進路決定100%。

●クラブについて

□ボート部・陸上競技部・弓道部インターハイ出場。

□電気部、建築部全国大会出場。

●インターンシップについて

□前期(夏休み)、後期(2学期)にインターンシップを実施し、勤労観、職業観を養っていくことを目指す。

●選抜Ⅰについて

□合否の基準は内申点・作文・面接などを総合的に判断している。

●選抜Ⅱの面接について

□選抜Ⅱでは受検者全員に面接を行っている。合否については、内申点・学力検査点・面接点などを総合的に判断している。

●その他

□女子の生徒は全体の約20%(県内工業高校で最多)。インテリア科などでは、特に多い。

●オープンスクール・学校説明について

□オープンスクールは、9月に実施しており、各科の内容を中心に説明をしている。
□学校説明会は、10月に実施しており、ものづくりの体験などをすることができる。
□学校見学は、随時受付をしている。

クラブ活動

●体育系

陸上/野球/サッカー/ラグビー/ボート/テニス/バレー/バスケット/バドミントン/剣道/柔道/卓球/弓道/水泳/自転車/登山/空手/ハンドボール

●文化系

放送/機械/自動車/電気/素材システム/建築/インテリア/情報技術/美術/写真/囲碁将棋/手芸/ギター/吹奏楽部/青少年赤十字/文芸/ダンス

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は、過年度生の内数。

広島大国公立
合計
広島
修道大
広島
工業大
私大合計短大専門学校就職就職率
2019年度0名
(0)
0名
(0)
0名
(0)
18名
(0)
39名
(0)
4名22名178名100%
2020年度 0名
(0)
0名
(0)
1名
(0)
11名
(0)
33名
(0)
3名46名184名 100%
2021年度 0名
(0)
0名
(0)
0名
(0)
13名
(0)
22名
(0)
4名51名180名 100%

所在地

〒739-0425

広島県廿日市市物見西2丁目6−1

マップ

広島県立宮島工業高等学校の記事を見る

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

【最新:2023年度入試 広島】公立高校入試情報 イベント情報まとめ

もっと読む

もっと読む