公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

高校受験の仕組み(高校入試制度)

三原東高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

三原東高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われます。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【普通科】

普通科の募集定員は①特色枠40%(32人)➁一般枠60%(48人)の合計80人です。

<募集定員>計80人①特色枠40%(32人)➁一般枠60%(48人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:2(400:400:200:200)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:2(600:200:200:200)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:2(400:400:200:200)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:2(600:200:200:200)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
三原東高等学校普通科の配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では225点を400点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】225点 → 400点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠は30点を200点に換算、➁一般枠では30点を200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査では、面接が行われます。時間は8分で、配点は60点満点です。

<学校独自検査>
・実施内容:面接[8分]
・配点:60点満点

【①特色枠】60点 → 200点に換算 【➁一般枠】60点 → 200点に換算

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 10:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)10:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)10:00~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

三原東高等学校は昨年度の試験内容から変更があります。

配点比重
<特色枠> 4:4:2:1 → 4:4:2:2
<一般枠> 6:2:2:1 → 6:2:2:2

学校独自検査 面接時間・配点
<特色枠><一般枠>
面接[5分] → 面接[8分]
60点→100点に換算 → 60点→200点に換算

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

◆普通科

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 80名 16名 14名 0.88倍 67名 40名 0.60倍 27名 0名
2022年度 80名 16名 17名 1.06倍 64名 47名 0.73倍 17名 1名

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 志願者数 倍率
2023年度 80名 54名 0.68倍 27名 0名
2024年度 80名 65名 0.81倍 22名 1名 0.05倍

学校情報

教育目標

校訓「挑戦・不屈・貢献」のもと、生徒一人ひとりの良さを大切にしてその能力や可能性を伸ばし、社会に貢献する人材を育成します。

育成を目指す資質・能力に関する方針(グラデュエーション・ポリシー)

(1)身に付けた知識や技能を活用・応用できる生徒
(2)状況を把握し、物事を整理・順序だてて考え、根拠に基づいて判断し、相手にわかりやすく自分の言葉で伝えることができる生徒
(3)自他を尊重し、多様な他者と協働して、課題解決に見通しを持って粘り強く取り組むことができる生徒

教育課程の編成及び実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

(1)1 年生は基礎・基本となる科目を中心に、2年生以降は生徒一人ひとりの多様な進路希望に応える科目を中心に学習します。
(2)演習・実習等を含む少人数・習熟度別の授業を効果的に組み合わせて学習します。
(3)「総合的な探究の時間」を要とし、地域や専門教育機関等と連携して、地域の魅力や課題に着目した学びに取り組み、課題発見・解決力や社会性の向上を図ります。
(4)教育活動全体を通じて、自己肯定感とともに他者を尊重する心を育てます。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

(1)本校を志望する動機・理由が明白であり、前向きに学習に取り組み、学力の向上を目指す生徒
(2)中学校での活動(文化・スポーツ活動、生徒会活動、ボランティア活動等)に意欲的に取り組んでおり、入学後も継続して取り組む強い意志を持つ生徒
(3)基本的生活習慣を身に付けており、自分を大切にする生徒
(4)規範意識を身に付けており、他者への思いやりと感謝の気持ちを持つ生徒

育てたい生徒像

(1) 身に付けた知識や技能を活用・応用できる生徒
(2) 状況を把握し、物事を整理・順序だてて考え、根拠に基づいて判断し、相手にわかりやすく自分の言葉で伝えることができる生徒
(3) 自他を尊重し、多様な他者と協働して、課題解決に見通しを持って粘り強く取り組むことができる生徒

学校長より

第22代学校長 朝倉 一隆

三原東高等学校は、校是を「拓」とし、校訓である「挑戦」「不屈」「貢献」の下、たくましく地域に貢献できる人材の育成を目指しています。
三年間の学校生活を通して、「やるべきことは、必ず行う」「やってはならないことは、絶対に行ってはならない」という不易の理念に基づき、不屈の闘志を発揮し、自らの夢に挑戦し、自己実現を目指すとともに、地域の方々に貢献できる思いやりのある利他の精神を持った生徒の育成を目指しています。
そのためには、授業や部活動、人間関係などのスキルを身に付けることが大変重要となります。さらに、大切なことは、人としての在り方、生き方を学び、思いやりや素直な心などの豊かな心を身に付けることが大切です。
学習や部活動などが伸びるためには、素直な心や思いやり、礼節を身に付けることが基本であり、重要な絶対条件であるという教育方針のもと、具体的な実践行動目標を定め取り組んでいます。

実践行動目標とは、
一 礼節を重んじること
二 時間を守ること
三 授業大切にすること
四 体を鍛えること
五 思いやりと耐性を身に付けること

この実践行動目標を徹底して守ることによって、他者を思いやり、自分も大切にする人物に成長すると確信しています。
特に礼節については、相手への思いやりの行動であり、自らの耐性を高める心を表す行動であると考えます。
本校では、コミュニケーションの基本であり、相手を思いやる大切な姿勢である礼節を学校教育の基本に据えて指導します。
また、時間を守る態度の育成も、重要な指導であると考えています。遅刻をしないためには、どのように生活をすればよいのかを自分自身でよく考え、計画性を持った生活が送れるよう指導します。
さらに、耐性を身に付けることも重要です。耐性とは、「我慢する力」ですが、目標を達成するためには、我慢をして頑張らなければならない時があるという覚悟をもっていただきたいと思っています。この覚悟をもって、何事にも果敢に挑戦する生徒を育成します。進学や就職に向けて努力する「自己実現力」、礼節や豊かな心などの「人間力」、部活動等を通して鍛え抜かれた「強い心身」など、生徒一人一人が自分の人生を切り拓き、豊かに生きる力を身に付けていただきたいと思います。

進学や就職など自らの夢を実現する意欲にあふれている中学生の皆さんの入学を心からお待ちしております。

学校図書館

本校の学校図書館は、令和3年度に「子どもの読書活動優秀実践校」として、文部科学大臣表彰を受賞しました。本校では、広島県立図書館、三原市立図書館と連携をし、学校図書館を使った授業を積極的に行っています。図書を使った調べ学習等通して、生徒は学ぶ楽しさを実感することができます。また、学期に1回、読書週間を実施しています。生徒は各自で読む本を準備し、朝のSHRで読書をします。最終日には、読んだ本について一言感想文を書きます。図書委員は学級図書の準備をします。その他の図書館活動として、三原市立中央図書館との連携企画があります。三原市立中央図書館には、図書委員会が選書から展示まで工夫して作った「ライボラリー」というコーナーがあります。また、三原市立中央図書館や近隣の小学校に向き、小学生や未就学の子どもたちを対象に絵本の読み語りや手遊びを入れた「おはなし会」行っています。30人以上いる図書委員会の生徒が自分たちの得意な分野を生かして、絵を描いたり折り紙や小物を作ったりしながら、楽しく和やかに活動しています。

スクールキャラクター『ヒガシティーノ』

平成30年度に、本校が創立60周年を迎えるにあたり、スクールキャラクターを決定しました。

 性格:穏やかな性格だが天然。敬語を使う。

 特徴:校章の帽子をかぶっている。

 体のモチーフは、校章の由来でもあるクスノキ。

クラブ活動

●体育系

陸上/バスケットボール/バレーボール/ソフトテニス/卓球/サッカー/野球

●文化系

理科/音楽/美術/書道/家庭科/演劇/放送局

進路実績

 国立大学公立大学私立大学短期大学専門学校等公務員就職
2021年度0名0名17名3名41名3名20名
2022年度0名0名15名1名35名2名14名
2023年度0名0名7名3名24名0名14名

所在地

〒7230003

広島県三原市中之町二丁目7-1

マップ

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

【密着取材!!】学校紹介(広島なぎさ高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE