公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

イベント情報

広島県立廿日市高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島県立廿日市高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

廿日市高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

廿日市高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われました。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【普通科】

普通科の募集定員は①特色枠50%(140人)➁一般枠50%(140人)の合計280人です。

<募集定員>計280人①特色枠50%(140人)➁一般枠50%(140人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠➁一般枠ともに傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では250点を400点に換算、➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】250点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
廿日市高等学校 普通科の配点は①特色枠では傾斜配点・活用教科の設定があり、国・社・数・理・外125点満点、音・美・保体・技家25点満点の計725点満点です。➁一般枠では傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では725点を400点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 国・社・数・理・外125点満点、音
美・保体・技家25点満点(計725点満点)
    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】725点 → 400点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容:なし

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 14:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)14:00~3/11(月)正午

令和6年度(2024年度)昨年度の試験内容との変更点

廿日市高等学校は昨年度の試験内容から変更はありません。

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 280名 56名 65名 1.16倍 224名 283名 1.26倍
2022年度 280名 56名 96名 1.71倍 224名 264名 1.18倍

 

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 志願者数 倍率
2023年度 280名 322名 1.15倍
2024年度 280名 303名 1.08倍

学校情報

●立地環境

□JR山陽本線「廿日市駅」から徒歩12分、広電宮島線「山陽女学園前駅」から徒歩12分で通学の便がよい。
□マツダスタジアムの2倍以上の敷地に約330本に及ぶ樹木が立ち並び、緑豊かなキャンパス。

●学習環境

□普通科生徒が目指す大学のあらゆる学部・学科に対応できるカリキュラムを実施。
□月・火・金6限、水・木7限の週32コマで、主体性を重視した授業を展開。
□令和4年度からすべての学年が一人一台のiPadを持ち、全教室に無線LAN、プロジェクタ、スクリーンを設置するなどICT化を推進。
□生徒とのきめ細かい面談を、担任のみならず副担任、教科担任、学年主任、部活動顧問など教員が皆で実施して一人一人をサポート。
□平日、長期休業中の補習を2年生後半から3年生にかけて実施し、プラスαの学力向上。
□平日放課後、土日祝日に利用できる自習室を各学年に設置し、自主的な学習を支援。
□各種模擬試験を実施し、大学等進学に向けたデータの蓄積。

●学校行事(コロナの影響で一部変更あり)

□遠足、ルームマッチ、文化祭、合唱祭、体育祭、修学旅行(北海道)の実施。
□ニュージーランドに姉妹校を持ち、短期留学、短期研修旅行、ホームステイ等の実施。

●その他

□近年には珍しく食堂があり、メニュー豊富かつ安価・美味。
□部活動の加入率は90%程度で、中国大会、全国大会に出場する部もあり、勉強にも部活動にも一生懸命取り組んでいる。

クラブ活動

●体育系

陸上/野球(硬式)/ソフトボール(女子)/サッカー(男子・女子)/ボート/テニス(男子・女子)/バレー(男子・女子)/バスケット(男子・女子)/バドミントン(男子・女子)/剣道/卓球/登山/ハンドボール(男子・女子)

●文化系

放送/美術/吹奏楽部/文芸/ダンス/軽音楽/英語研究/科学/生活/書道/茶華道/演劇/ジャグリング

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。()内は、過年度生の内数。

  難関
国立大
広島大 国公立
合計
早慶上理 明青
立法中
関関同立 私大合計 短大 専門学校
2021
年度
7名
(0)
22名 146名
(4)
1名
(1)
1名
(1)
89名
(10)
783名
(11)
3名 14名
2022
年度
5名
(0)
22名 112名
(5)
0名 1名
(1)
50名
(2)
897名
(13)
8名 15名
2023
年度
9名
(0)
23名 137名
(2)
0名 2名
(1)
50名
(6)
697名
(15)
4名 9名

所在地

〒738-0004

広島県廿日市市桜尾3丁目3−1

マップ

広島県立廿日市高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【イベント情報】授業やクラブを体験してみよう!!(広島翔洋高校)

【イベント情報】授業やクラブを体験してみよう!!(広島翔洋高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE