公立 共学 普通科 高校

新着情報

●入試情報ページに「令和6年度(2024年度)一次選抜の実施内容」を追加しました。

●「広島市立高等学校学力向上推進事業」の研究指定校に認定。協同学習を通じて可能になる「豊かで深い学び」の探究と協同的・主体的に学ぶ集団づくりのため授業改善に取り組んでいる。

イベント情報

広島県立美鈴が丘高校のイベント情報はこちらの記事から見ることができます。

【2023オープンスクール】広島市立美鈴が丘高校 イベント情報

高校受験の仕組み(高校入試制度)

市立美鈴が丘高等学校は公立高校です。
令和5年度入試から導入された『新しい入試制度』により、選抜Ⅰ(選1)・選抜Ⅱ(選2)が廃止され、試験の回数が「一次選抜」の一度になりました。

【最新】令和6年度(2024年度)高校入試の実施内容を知る

(広島県教育委員会ホームページより)

高校受験(一次選抜)の実施内容はこちら

令和6年度(2024年度)の試験内容をくわしく知る

●一次選抜

市立美鈴が丘高等学校の一次選抜日程は、2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)に一般学力検査・自己表現等が行われます。

<実施日時>一般学力検査・自己表現等 2024年2月27日(火)~2024年2月29日(木)

【普通科】

普通科の募集定員は①特色枠30%(72人)➁一般枠70%(168人)の合計240人です。

<募集定員>計240人①特色枠30%(72人)➁一般枠70%(168人)

配点の比重は、①特色枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)、➁一般枠が一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)です。

<配点比重>
【①特色枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=4:4:2:0(400:400:200:0)
【➁一般枠】一般学力検査:調査書:自己表現:学校独自検査=6:2:2:0(600:200:200:0)

一般学力検査の実施内容は、国語・社会・数学・理科・英語の5科目です。配点は①特色枠は傾斜配点・活用教科の設定があり、社・理は各50点満点、国・数・英は各100点満点、計400点満点です。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科50点満点の計250点満点です。①特色枠では400点を400点に換算➁一般枠では250点を600点に換算します。

<一般学力検査>
・実施内容:国語・社会・数学・理科・英語
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 社・理50点満点、国・数・英100点満点(計400点満点)

    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科50点満点(計250点満点)
【①特色枠】400点 → 400点に換算 【➁一般枠】250点 → 600点に換算

調査書(内申点)は、1・2年生の学習の記録(評定)がそのまま記載され、3年生の学習の記録(評定)を3倍して記載されます。各教科25点満点(5+5+15)となり、9教科の合計は225点満点となります。
市立美鈴が丘高等学校 普通科の配点は①特色枠は、傾斜配点・活用教科の設定があり、国・社・数・理・外25点満点、音・美・保体・技家50点満点 計325点満点です。➁一般枠は傾斜配点・活用教科の設定はなく、各教科25点満点の計225点満点です。①特色枠では325点を400点に換算、➁一般枠では225点を200点に換算します。

<調査書(内申点)>
・配点:【①特色枠】傾斜配点・活用教科の設定あり 国・社・数・理・外25点満点、音
美・保体・技家50点満点(計325点満点)
    【➁一般枠】傾斜配点・活用教科の設定なし 各教科25点満点(計225点満点)
【①特色枠】325点 → 400点に換算 【➁一般枠】225点 → 200点に換算

自己表現は、①特色枠➁一般枠ともに30点満点です。①特色枠➁一般枠ともに200点に換算します。

<自己表現>
・配点:30点満点
【①特色枠】30点 → 200点に換算 【➁一般枠】30点 → 200点に換算

学校独自検査はありません。

<学校独自検査>
・実施内容なし

一次選抜の合格発表日は、令和6年(2024年)3月8日(金)です。

<合格発表日>
令和6年(2024年)3月8日(金)

学校掲示 あり 時間:13:00
学校HPでの発表 あり 3/8(金)13:00~3/11(月)正午
インターネット出願システムでの発表 あり 3/8(金)13:30~3/11(月)正午

昨年度の試験内容との変更点

市立美鈴が丘高等学校は昨年度の試験内容から変更があります。

<特色枠>
配点の比重:4:3:2:3 → 4:4:2:0
調査書:325点→300点に換算 → 325点→400点に換算

<一般枠>
配点の比重:6:2:2:1 → 6:2:2:0

<特色枠><一般枠>
学校独自検査:面接 → 実施なし

過去の入試結果を見る(倍率・合格者数・入試実施状況)

  定員 選抜Ⅰ 選抜Ⅱ 選抜Ⅲ
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率 定員 志願者数
2021年度 240名 48名 47名 0.98倍 193名 220名 1.14倍
2022年度 240名 48名 85名 1.77倍 192名 292名 1.52倍

  一次選抜 二次選抜
定員 受験者数 倍率 定員 受験者数 倍率
2023年度 240名 245名 1.02倍
2024年度            

学校情報

●カリキュラムについて

□生徒個々の能力・適性、進路希望に応じた教科・科目が選択できる教育課程を設定している。1年次には、国語、数学、英語を重点的に学び、きめ細かな学習指導を通して基礎学力を定着させ、「自ら学ぶ姿勢」を確立させる。2年次では、文科型と理科型に分かれる。さらに3年次では、文科型では、国公立大学コースの文科Ⅰ型と私立大学コースの文科Ⅱ型に分かれ、各自の希望進路に適した学習を行うことによって、効率的に進路実現をめざしている。

●教育活動の特色について

○協同学習型授業…「自分の学びが仲間の役に立ち、仲間の学びが自分の役に立つ」といった相互貢献と相互承認を基盤とした学習を目指している。
○習熟度別少人数授業…1、2年生の国語・数学・英語で2クラスを3クラスに分け、きめ細かい指導を行っている。また年間複数回、少人数のクラスを入れ替え、生徒の習熟度に応じた学習指導を行っている。
○学力をつける取り組み…1、2年生では基礎学力の定着を、3年生では大学入試対策を目的とし、主に平日の放課後や土曜日に実力養成ゼミを各科目で実施している。8月上旬には全学年から希望者を募り集中対策ゼミを実施しているほか、春季休業中には新3年生対象に春季学習会も実施している。

●部活動について

□体育系も文化系も部活動が活発。毎年多くの部活動が全国大会や中国大会に出場。

●学期制について

□3学期制で1コマ50分授業。月曜日と火曜日、水曜日は7時限。

●指定校推薦について

□広島修道大、安田女子大、広島工業大、広島女学院大、広島経済大、広島文教大、同志社大、関西大、立命館大など多数あるが、一般入試で受験するため、希望者は少ない。

クラブ活動

●体育系

水泳/剣道/弓道/テニス/バスケットボール/バレーボール/陸上/サッカー/体操/硬式野球

●文化系

美術/書道/吹奏楽/E.S.S/コンピュータ/科学/放送/演劇/茶華道/新聞・文芸/あすなろ会

進路実績

大学の合格実績については、現役生・過年度生の合計人数。

広島大県立
広島大
広島
市立大
国公立
合計
広島
修道大
安田
女子大
私大合計短大専門学校就職
2019年度2名2名7名19名60名35名339名25名52名1名
2020年度2名6名8名29名66名33名384名16名28名3名
2021年度4名3名8名30名119名28名497名19名46名3名

所在地

〒731-5113

広島県広島市佐伯区美鈴が丘緑2丁目13

マップ

広島市立美鈴が丘高等学校の記事を見る

すべての記事を見る

【密着取材!!】部活動紹介(如水館高校)

【密着取材!!】部活動紹介(如水館高校)

もっと読む

もっと読む
Gakuchan LINE